げんじものがたり 32 うめがえ
源氏物語 32 梅が枝

冒頭文

天地(あめつち)に春新しく来たりけり光源氏の みむすめのため     (晶子) 源氏が十一歳の姫君の裳着(もぎ)の式をあげるために設けていたことは並み並みの仕度(したく)でなかった。東宮も同じ二月に御元服があることになっていたが、姫君の東宮へはいることもまた続いて行なわれて行くことらしい。一月の末のことで、公私とも閑暇(ひま)な季節に、源氏は薫香(くんこう)の調合を思い立った。

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 中巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年11月30日改版