げんじものがたり 29 みゆき
源氏物語 29 行幸

冒頭文

雪ちるや日よりかしこくめでたさも上 なき君の玉のおん輿(こし)    (晶子) 源氏は玉鬘(たまかずら)に対してあらゆる好意を尽くしているのであるが、人知れぬ恋を持つ点で、南の女王(にょおう)の想像したとおりの不幸な結末を生むのでないかと見えた。すべてのことに形式を重んじる癖があって、少しでもその点の不足したことは我慢のならぬように思う内大臣の性格であるから、思いやりもなしに婿

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 中巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年11月30日改版