あるよ
或夜

冒頭文

季子(すゑこ)は省線市川驛の待合所に入(はい)つて腰掛に腰をかけた。然し東京へも、どこへも、行かうといふ譯(わけ)ではない。公園のベンチや路傍の石にでも腰をかけるのと同じやうに、唯ぼんやりと、しばらくの間腰をかけてゐやうといふのである。 改札口の高い壁の上に裝置してある時計には故障と書いた貼紙がしてあるので、時間はわからないが、出入の人の混雜も日の暮ほど烈しくはないので、夜もかれこれ八時

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 葛飾こよみ
  • 毎日新聞社
  • 1956(昭和31)年8月25日