さんたろうのにっき だいいち
三太郎の日記 第一

冒頭文

[#ページの天地中央] Es irrt der Mensch, solang er strebt. 自序 此類の書は序文なしに出版せらる可き性質のものではない。自分は自分の過去のために、小さい墓を建ててやるやうな心持で此書を編輯した。自分は自分の心から愛し且つ心から憎んでゐる過去のために墓誌を書いてやりたい心持で一杯になつてゐる。 此書に集めた數十篇の文章は明治

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 合本三太郎の日記
  • 角川書店
  • 1950(昭和25)年3月15日