しょうか
唱歌

冒頭文

校友歌 澁民尋常小學校生徒のために。 丙午七月一日作歌。 一 文の林の淺緑 樹影しづけきこの庭に 桂の庵の露むすび 惠みの星を迎ぎ見て 春また春といそしめば 心の枝も若芽すも。 二 芽ぐめる枝に水そそぎ また培ふや朝夕に 父母のなさけを身にしめて 螢雪の苦をつみゆかば 智慧の木の實の味甘き 常世の苑も遠からじ。 三 導びく

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 啄木全集 第二卷
  • 岩波書店
  • 1961(昭和36)年4月13日