げんじものがたり 19 うすぐも
源氏物語 19 薄雲

冒頭文

さくら散る春の夕(ゆふべ)のうすぐもの涙とな りて落つる心地(ここち)に     (晶子) 冬になって来て川沿いの家にいる人は心細い思いをすることが多く、気の落ち着くこともない日の続くのを、源氏も見かねて、 「これではたまらないだろう、私の言っている近い家へ引っ越す決心をなさい」 と勧めるのであったが、「宿変へて待つにも見えずなりぬればつらき所の多くもあるかな」とい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版