げんじものがたり 18 まつかぜ
源氏物語 18 松風

冒頭文

あぢきなき松の風かな泣けばなき小琴 をとればおなじ音を弾(ひ)く  (晶子) 東の院が美々しく落成したので、花散里(はなちるさと)といわれていた夫人を源氏は移らせた。西の対から渡殿(わたどの)へかけてをその居所に取って、事務の扱い所、家司(けいし)の詰め所なども備わった、源氏の夫人の一人としての体面を損じないような住居(すまい)にしてあった。東の対には明石(あかし)の人を置こう

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版