げんじものがたり 16 せきや
源氏物語 16 関屋

冒頭文

逢坂(あふさか)は関の清水(しみづ)も恋人のあつき涙もな がるるところ       (晶子) 以前の伊予介(いよのすけ)は院がお崩(かく)れになった翌年常陸介(ひたちのすけ)になって任地へ下ったので、昔の帚木(ははきぎ)もつれて行った。源氏が須磨(すま)へ引きこもった噂(うわさ)も、遠い国で聞いて、悲しく思いやらないのではなかったが、音信をする便(たより)すらなくて、筑波(つく

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版