げんじものがたり 13 あかし
源氏物語 13 明石

冒頭文

わりなくもわかれがたしとしら玉の涙 をながす琴のいとかな   (晶子) まだ雨風はやまないし、雷鳴が始終することも同じで幾日かたった。今は極度に侘(わび)しい須磨(すま)の人たちであった。今日までのことも明日からのことも心細いことばかりで、源氏も冷静にはしていられなかった。どうすればいいであろう、京へ帰ることもまだ免職になったままで本官に復したわけでもなんでもないのであるから見

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版