げんじものがたり 12 すま
源氏物語 12 須磨

冒頭文

人恋ふる涙をわすれ大海へ引かれ行く べき身かと思ひぬ     (晶子) 当帝の外戚の大臣一派が極端な圧迫をして源氏に不愉快な目を見せることが多くなって行く。つとめて冷静にはしていても、このままで置けば今以上な禍(わざわ)いが起こって来るかもしれぬと源氏は思うようになった。源氏が隠栖(いんせい)の地に擬している須磨(すま)という所は、昔は相当に家などもあったが、近ごろはさびれて人

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版