げんじものがたり 10 さかき
源氏物語 10 榊

冒頭文

五十鈴(いすず)川神のさかひへのがれきぬおも ひあがりしひとの身のはて (晶子) 斎宮(さいぐう)の伊勢へ下向(げこう)される日が近づけば近づくほど御息所(みやすどころ)は心細くなるのであった。左大臣家の源氏の夫人がなくなったあとでは、世間も今度は源氏と御息所が公然と夫婦になるものと噂(うわさ)していたことであるし、六条の邸(やしき)の人々もそうした喜びを予期して興奮していたも

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版