げんじものがたり 07 もみじのが
源氏物語 07 紅葉賀

冒頭文

青海の波しづかなるさまを舞ふ若き心 は下に鳴れども      (晶子) 朱雀(すざく)院の行幸は十月の十幾日ということになっていた。その日の歌舞の演奏はことに選(よ)りすぐって行なわれるという評判であったから、後宮(こうきゅう)の人々はそれが御所でなくて陪観のできないことを残念がっていた。帝(みかど)も藤壺(ふじつぼ)の女御(にょご)にお見せになることのできないことを遺憾に思召

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版