ごちゅうにっき 16 (じゅうご)
其中日記 16 (十五)

冒頭文

五月十九日 晴。 さらりと朝湯によごれを流して。—— 自分のうちのしたしさ、そしてむさくるしさ、わびしさ。 日本晴、めつきり夏めいた。 今日はアルコールなし! 五月廿日 晴、風、そして曇。 暑い、暑い、汗、汗、友、友、酒、酒。 五月廿一日 晴れたり曇つたり。 初夏の朝のさわやかなるかな。 こゝもタバコキキンである。 Fさん来訪、あたりさわりのない四方山話。 五月廿

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第九巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年9月25日