げんじものがたり 04 ゆうがお
源氏物語 04 夕顔

冒頭文

うき夜半(よは)の悪夢と共になつかしきゆめ もあとなく消えにけるかな (晶子) 源氏が六条に恋人を持っていたころ、御所からそこへ通う途中で、だいぶ重い病気をし尼になった大弐(だいに)の乳母(めのと)を訪(たず)ねようとして、五条辺のその家へ来た。乗ったままで車を入れる大門がしめてあったので、従者に呼び出させた乳母の息子(むすこ)の惟光(これみつ)の来るまで、源氏はりっぱでないそ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版