げんじものがたり 03 うつせみ
源氏物語 03 空蝉

冒頭文

うつせみのわがうすごろも風流男に馴(な) れてぬるやとあぢきなきころ(晶子) 眠れない源氏は、 「私はこんなにまで人から冷淡にされたことはこれまでないのだから、今晩はじめて人生は悲しいものだと教えられた。恥ずかしくて生きていられない気がする」 などと言うのを小君(こぎみ)は聞いて涙さえもこぼしていた。非常にかわいく源氏は思った。思いなしか手あたりの小柄なからだ、そう

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 上巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年8月10日改版