みなみはんきゅうごまんマイル
南半球五万哩

冒頭文

南球五万哩余程、沐雨梳風嘆独行、帰入旧廬有相識、一窓梅月照寒更。  甫水 円了道人 (南半球五万哩(マイル)余の行程、雨で髪を洗い、風にくしけづり、たったひとりで旅するを慨嘆する。わが家に帰えればなじみのものがあり、窓より見る梅に月は寒さの深まりを照らしている。) 緒言 今回の南半球の周遊は、二百九十七日間に五万七十五マイルを踏尽せし故、一日に百六十九マイルずつを

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 井上円了・世界旅行記
  • 柏書房
  • 2003(平成15)年11月15日