めいじのじごく
明治の地獄

冒頭文

えゝ一席(いつせき)申上(まうしあ)げます、明治(めいぢ)の地獄(ぢごく)も新作と申(まう)す程(ほど)の事でもなく、円朝(ゑんてう)が先達(せんだつ)て箱根(はこね)に逗留中(とうりうちう)、宗蓮寺(そうれんじ)で地獄極楽(ぢごく〳〵らく)の絵(ゑ)を見まして、それから案(あん)じ附(つ)きましたお短(みじ)かい落語(おとしばなし)でございますが、まだ口慣(くちな)れませんからお聞苦(ききぐる)

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 明治の文学 第3巻 三遊亭円朝
  • 筑摩書房
  • 2001(平成13)年8月25日