せじや
世辞屋

冒頭文

エヽ商法(しやうはふ)も様々(さま〴〵)ありまするが、文明開化(ぶんめいかいくわ)の世(よ)の中(なか)になつて以来(いらい)、何(なん)でも新発明(しんはつめい)新発明(しんはつめい)といふので追々(おい〳〵)此(この)新商法(しんしやうはふ)といふものが流行をいたしまする。彼(か)の電話機械(でんわきかい)といふものが始めて参(まゐ)つた時に、互(たがひ)に掛(かけ)やうを知らぬから、両方で話

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 明治の文学 第3巻 三遊亭円朝
  • 筑摩書房
  • 2001(平成13)年8月25日