うしぐるま
牛車

冒頭文

此度(このたび) 英照皇太后陛下(えいせうくわうたいごうへいか)の御大喪(ごたいさう)に就(つ)きましては、日本国中(にほんこくぢう)の人民(じんみん)は何社(なにしや)でも、総代(そうだい)として一名(めい)づゝ御拝観(ごはいかん)の為(た)めに京都(きやうと)へ出す事に相成(あひな)りました。処(ところ)で数(かず)なりません落語家社会(はなしかしやくわい)でも、三遊(いう)社(しや)の頭取(

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 明治の文学 第3巻 三遊亭円朝
  • 筑摩書房
  • 2001(平成13)年8月25日