(よう)かねのかんじょうをしずにきた
(洋)金の勘定を仕ずに来た

冒頭文

独逸(どいつ)の名高(なだか)い作者レツシングと云(い)ふ人は、至(いた)つて粗忽(そそつか)しい方(かた)で、其上(そのうへ)法外(ばか)に忘れツぽいから、無闇(むやみ)に金子(かね)や何(なに)かゞ失(な)くなる、「是(これ)は何(なん)でも下婢(かひ)か下男(げなん)が窃取(くすね)るに相違(さうゐ)ない、一番(ばん)計略(はかりごと)を以(もつ)て試(ため)してやらう。と云(い)ふので、レ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 明治の文学 第3巻 三遊亭円朝
  • 筑摩書房
  • 2001(平成13)年8月25日