ぼくのこどくへきについて
僕の孤独癖について

冒頭文

僕は昔から「人嫌い」「交際嫌い」で通って居た。しかしこれには色々な事情があったのである。もちろんその事情の第一番は、僕の孤独癖や独居癖やにもとづいて居り、全く先天的気質の問題だが、他にそれを余儀なくさせるところの、環境的な事情も大いにあったのである。元来こうした性癖の発芽は、子供の時の我がまま育ちにあるのだと思う。僕は比較的良家の生れ、子供の時に甘やかされて育った為に、他人との社交について、自己を

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界教養全集 別巻1 日本随筆・随想集
  • 平凡社
  • 1962(昭和37)年11月20日