ウスナのいえ
ウスナの家

冒頭文

はしがき コノール・マック・ネサは西歴の始めごろ、アルスタアの王であって、同時に愛蘭(アイルランド)諸王の盟主であった。ある歴史家の言に依れば、コノール王の治世はちょうどキリストが人間としてこの世に在った頃と同時だろうということである。 コノールはレッド・ブランチと名づけられた騎士の一団をつくり——これは主として史詩にのみ唄われているが、実はアーサア王のラオンド・テーブルの先駆

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • かなしき女王 ケルト幻想作品集
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 2005(平成17)年11月10日