るけいちで
流刑地で

冒頭文

「奇妙な装置なのです」と、将校は調査旅行者に向っていって、いくらか驚嘆しているようなまなざしで、自分ではよく知っているはずの装置をながめた。旅行者はただ儀礼から司令官のすすめに従ったらしかった。司令官は、命令不服従と上官侮辱とのために宣告を下された一人の兵士の刑の執行に立ち会うようにとすすめたのだった。この刑執行に対する関心は、流刑地(るけいち)でもたいして大きくはないらしかった。少なくとも木のな

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界文学大系58 カフカ
  • 筑摩書房
  • 1960(昭和35)年4月10日