しんぱん
審判

冒頭文

第一章 逮捕・グルゥバッハ夫人との   対話・次にビュルストナー嬢 誰かがヨーゼフ・Kを誹謗(ひぼう)したにちがいなかった。なぜなら、何もわるいことをしなかったのに、ある朝、逮捕されたからである。彼の部屋主グルゥバッハ夫人の料理女は、毎日、朝の八時ごろに朝食を運んでくるのだったが、この日に限ってやってはこなかった。そういうことはこれまであったためしがなかった。Kはなおしばらく待ち、枕

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 審判
  • 新潮文庫、新潮社
  • 1971(昭和46)年7月30日