こうていのししゃ
皇帝の使者

冒頭文

皇帝が——そう呼ばれているのだ——君という単独者、みすぼらしい臣下、皇帝という太陽から貧弱な姿で遠い遠いところへ逃がれていく影、そういう君に皇帝が臨終のベッドから伝言を送った。皇帝は使者をベッドのそばにひざまずかせ、その耳にその伝言の文句をささやいた。皇帝にとってはその伝言がひどく大切だったので、使者にそれを自分の耳へ復誦(ふくしょう)させたのだった。うなずいて見せることで、皇帝はその復誦の言葉の

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界文学大系58 カフカ
  • 筑摩書房
  • 1960(昭和35)年4月10日