きゅうぶんにほんばし 21 ぎじどうえんじょう
旧聞日本橋 21 議事堂炎上

冒頭文

明治廿二年二月の憲法発布の日はその夜明けまで雪が降った。上野の式場に行幸(みゆき)ある道筋は、掃(はき)清められてあったが、市中の泥濘(でいねい)は、田の中のようだった。 上野広小路(ひろこうじ)黒門町のうなぎや大和田(おおわだ)は、祖母に金のことで助けられていたので、その日も私たち子供に、最大公式の鹵簿(ろぼ)を拝観させようと心配してくれた。 うなぎやの親方は、私の父に揚板(

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日