きゅうぶんにほんばし 20 にしかわこりん
旧聞日本橋 20 西川小りん

冒頭文

夏の朝、水をたっぷりつかって、ざぶざぶと浴衣(ゆかた)をあらう気軽さ。十月、秋晴れの日に張りものをする、のんびりした心持は、若さと、健康に恵まれた女ばかりが知る、軽い愉快さである。親しいもののために手軽くつくる炊事の楽しさと共に、男や、貴人(あなたがた)の知らない心地であろう。 私(あたし)はときものの興味を、今でも多分にもっている。背筋の上から、ずっと下の針止めに鋏(はさみ)を入れてお

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日