きゅうぶんにほんばし 19 めいじざこんじゃく
旧聞日本橋 19 明治座今昔

冒頭文

芦寿賀(ろすが)さんは、向う両国の青柳といった有名な料亭の女将(おかみ)でもあった。百本杭(くい)の角(かど)で、駒止橋(こまどめばし)の前にあって、後には二洲楼(にしゅうろう)とよばれ、さびれてしまったが、その当時は格式も高く、柳橋の亀清(かめせい)よりきこえていたのだ。横浜にいった最初の旦那(だんな)は、判事さんだというものもあったが、その人はどうしたことか切腹してしまったのだ。 だ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日