たびにっき 03 しょうわじゅうよねん
旅日記 03 昭和十四年

冒頭文

道中記 三月卅一日 曇。 夕方になつてやうやく出立、藤井さんに駅まで送つて貰つて。—— 春三君の芳志万謝、S屋で一献! 白船居訪問、とめられるのを辞して、待合室で夜明の汽車を待つて広島へ。 春の夜の明日は知らない かたすみで寝る 句はまづいが真情也。 四月一日 曇、澄太居。 澄太居のよさを満喫する、澄太君には大人の風格がある、私は友人として澄太君をめぐまれ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第九巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年9月25日