ごちゅうにっき 14 (じゅうさんのつづき)
其中日記 14 (十三の続)

冒頭文

旅日記 八月二日  晴れて暑い、虹ヶ浜。 午後三時の汽車で徳山へ、白船居で北朗君を待ち合せ、同道して虹ヶ浜へ。 北朗君は一家をあげて連れて来てゐる、にぎやかなことである、そしてうるさいことである(それが生活内容を形づくるのだが)。 いつしよに夕潮を浴びる、海はひろ〴〵としてよいなあと思ふ、波に乗つて波のまに〳〵泳ぐのはうれしい、波のリズム、それが私のリズムとなつてゆれる。 松も

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第九巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年9月25日