たびにっき 02 しょうわじゅうさんねん
旅日記 02 昭和十三年

冒頭文

五月廿八日 廿九日 澄太居柊屋。 やうやく旅立つことが出来た(旅費を送つて下さつた澄太緑平の二君にこゝで改めてお礼を申上げる)。 八時出発、朝飯が足らなかつたから餅屋に寄つて餅を食べる、それから理髪する(ずゐぶん長う伸びてゐた)。 四辻駅で、折よくやつて来た汽車に乗る、繁村の松原、佐波川の流、あの山この道、思ひ出の種ならぬはない。 富海下車、一杯ひつかけて歩く、椿峠を越えて湯野へ、湯野温泉

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第八巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年7月25日