ごちゅうにっき 13 (じゅうさん)
其中日記 13 (十三)

冒頭文

五月一日 晴——曇——雨。 早起、一風呂あびて一杯ひつかける、極楽々々! 七時のバスで帰庵。 留守中に敬君や樹明君や誰かゞ来庵したらしい、すまなかつた、残念なことをした。 何となく憂欝。—— W屋主人来庵。 風が出て来た、風はほんたうにさびしい、やりきれない。 午後、樹明君を訪ね、いつしよに街へ出かけて飲む、敬君にも出くわし、三人で飲む、酔ふ、どろ〳〵になつてしまつた、それでも戻るこ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第八巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年7月25日