きゅうぶんにほんばし 17 ろうやのはら
旧聞日本橋 17 牢屋の原

冒頭文

金持ちになれる真理となれない真理——転がりこんで来た金玉(かねだま)を、これは正当な所得ではございませんとかえして貧乏する。いまどきそんなことはないかもしれないが、私のうちがそれだった。 御維新のあとのごたごたが納まっても、なかなか細(こま)かしいことは何時(いつ)までも残っていたのであろう。転(ころ)がりこんで来た金玉を押返してしまった人たちが、ある日こんなことをいっていた。 「

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日