きゅうぶんにほんばし 12 チンコッきり
旧聞日本橋 12 チンコッきり

冒頭文

アンポンタンはぼんやりと人の顔を眺める癖があったので、 「いやだねおやっちゃん、私の顔に出車(だし)でも通るのかね。」 さすがの藤木さんもテレて、その頃の月並(つきなみ)な警句をいった。 小伝馬町の牢屋の原を廻(めぐ)る四角四面の町々に、アンポンタンの友達の分譜(ぶんぷ)があり、学んだ学校があり、長唄稽古所があり、親の知合(しりあい)の家もあったから、私がポカンと立止って眺め

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日