はなばなしきしゅんかん
華々しき瞬間

冒頭文

南原杉子。うまれは火星日である。地球に最も近い軍神マルスの影響をうけ、最も強烈に、そのエネルギーを放射。戦闘的性質を有し、目的に対して積極的なれど、多難な運命である。その上、人生の終局に於いて、複雑な交叉点に、信号を無視して立脚し、自ら禍をまねく。     一 南原杉子は、突然小さな社会、つまり二組の夫婦の上に出現した。彼女の年齢も歴史もわからない。 大阪近郊、南田辺のとある

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久坂葉子作品集 女
  • 六興出版
  • 1978(昭和53)年12月31日