ようふくろん
洋服論

冒頭文

○日本人そもそも洋服の着始めは旧幕府仏蘭西(フランス)式歩兵の制服にやあらん。その頃膝取マンテルなぞと呼びたる由なり。維新の後岩倉公西洋諸国を漫遊し文武官の礼服を定められ、上等の役人は文官も洋服を着て馬に乗ることとなりぬ。日本にて洋服は役人と軍人との表向きに着用するものたる事今においてなほ然り。 ○予が父は初め新銭座(しんせんざ)の福沢塾にて洋学を修め明治四年亜墨利加(アメリカ)に留学し帰朝の後

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 荷風随筆集(下)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年11月17日