もうしわけ
申訳

冒頭文

昭和二年の雨ばかり降りつづいている九月の末から十月のはじめにかけて、突然僕の身の上に、種類のちがった難問題が二つ一度に差し迫って来た。 難事の一は改造社という書肆が現代文学全集の第二十二編に僕の旧著若干を採録し、九月の十五六日頃に之を販売した。すると編中には二十年前始て博文館から刊行した「あめりか物語」と題するものが収載せられていたので、之がため僕は九月二十九日の朝、突然博文館から配達証

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日和下駄 一名 東京散策記
  • 講談社文芸文庫、講談社
  • 1999(平成11)年10月10日