ほうすいろ
放水路

冒頭文

隅田川(すみだがわ)の両岸は、千住(せんじゅ)から永代(えいたい)の橋畔(きょうはん)に至るまで、今はいずこも散策の興を催すには適しなくなった。やむことをえず、わたくしはこれに代るところを荒川(あらかわ)放水路の堤(つつみ)に求めて、折々杖を曳くのである。 荒川放水路は明治四十三年の八月、都下に未曾有の水害があったため、初めて計画せられたものであろう。しかしその工事がいつ頃起され、またい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 荷風随筆集(上)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年9月16日