しょうせつさくほう
小説作法

冒頭文

一 小説はいかにして作るものなるやどういふ風にして書(かく)ものなりやと問はるる人しばしばあり。これほど答へにくき問はなし。画(え)の道ならば『芥子園画伝(かいしえんがでん)』をそのままに説きもいづべく油画ならばまづ写生の仕方光線の取方絵具の調合なんど鴎外(おうがい)西崖(せいがい)両先生が『洋画手引草(てびきぐさ)』にも記されたりと逃げもすべきに、小説かく道といひては原稿紙買ふ時西洋紙はよしたま

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 荷風随筆集(下)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年11月17日