だいにじゃしゅうもん
第二邪宗門

冒頭文

円燈 飢渇 あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。 わが熱き炎の都、 都なる煉瓦の沙漠、 沙漠なる硫黄の海の広小路、そのただなかに、 饑(う)ゑにたるトリイトン神の立像(たちすがた)、 水涸れ果てし噴水(ふきあげ)の大水盤の繞(めぐり)には、 白琺瑯(はくはうらう)の石の級(きだ)ただ照り渇き痺(しび)れたる。 そのかげに、紅(あか)き襯衣(しやつ)ぬぎ 悲しめる道化

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 白秋全集 1
  • 岩波書店
  • 1984(昭和59)年12月5日