とうきょうけいぶつしそのた
東京景物詩及其他

冒頭文

わかき日の饗宴を忍びてこの怪しき紺と青との 詩集を“PAN”とわが「屋上庭園」の友にささぐ 東京夜曲  公園の薄暮 ほの青き銀色(ぎんいろ)の空気(くうき)に、 そことなく噴水(ふきあげ)の水はしたたり、 薄明(うすあかり)ややしばしさまかえぬほど、 ふくらなる羽毛頸巻(ボア)のいろなやましく女ゆきかふ。 つつましき枯草(かれくさ)の湿(しめ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 白秋全集 3
  • 岩波書店
  • 1985(昭和60)年5月7日