ごちゅうにっき 11 (じゅういち)
其中日記 11 (十一)

冒頭文

自省自戒 節度ある生活、省みて疚しくない生活、悔のない生活。 孤独に落ちつけ。—— 物事を考へるはよろしい、考へなければならない、しかしクヨクヨするなかれ。 貧乏に敗けるな。—— 物を粗末にしないことは尊い、しかも、ケチケチすることはみじめである、卑しくなるな。 酒を味へ。—— うまいと思ふかぎりは飲め、酔ひたいと思うて飲むのは嘘である。 水の流れるやうに、雲の行くやうに、咲いて枯

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第八巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年7月25日