へんぺん
翩翩

冒頭文

羅子浮(らしふ)は汾(ふん)の人であった。両親が早く亡くなったので、八、九歳のころから叔父(おじ)の大業(たいぎょう)の許へ身を寄せていた。大業は国子左廂(こくしさしょう)の官にいたが、金があって子がなかったので、羅をほんとうの子供のようにして可愛がった。 羅は十四になって、良くない人に誘われて遊廓(ゆうかく)へ遊びにいくようになった。ちょうどその時金陵から来ている娼婦(しょうふ)があっ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 聊斎志異
  • 明徳出版社
  • 1997(平成9)年4月30日