やくしゃのかお
役者の顔

冒頭文

羽左衛門を失ったことを転機として——戦争を転機としてと云えば早いが、それではニベも無い——俳優の「顔」も変ったと思います。「俳優」もここには主として歌舞伎(旧劇)畑を云いますが、「顔」を材料にとって述べれば、自然歌舞伎俳優が主となるのは定法でもありましょう。 羽左衛門は、思えば寂しい中で亡くなりました。羽左衛門の死については、文壇で云えば藤村がそうだったように、当時、戦雲の濃い中だったに

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆40 顔
  • 作品社
  • 1986(昭和61)年2月25日