ごちゅうにっき 09 (く)
其中日記 09 (九)

冒頭文

昭和十一年(句稿別冊) 七月二十二日 曇、晴、混沌として。 広島の酔を乗せて、朝の五時前に小郡へ着いた。 恥知らずめ! 不良老人め! お土産の酒三升は重かつたが、酒だから苦にはならなかつた、よろ〳〵して帰庵した。 八ヶ月ぶりだつた、草だらけ、埃だらけ、黴だらけだつた、その中にころげこんで、睡りつゞけた。 七月廿三日 曇。 夜も昼もこん〳〵睡りつゞけてゐたが、夕方ふつと眼覚

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第七巻
  • 春陽堂書店
  • 1987(昭和62)年5月25日