せんがじもうで
千ヶ寺詣

冒頭文

現今(いま)私の家(うち)に居(い)る門弟の実見談(じっけんだん)だが、所は越後国西頸城郡市振村(えちごのくににしくびきぐんいちふりむら)というところ、その男がまだ十二三の頃だそうだ、自分の家(うち)の直(じ)き近所に、勘太郎(かんたろう)という樵夫(きこり)の老爺(おやじ)が住んでいたが、倅(せがれ)は漁夫で、十七ばかりになる娘との親子三人暮(ぐらし)であった、ところがこの家(うち)というのは、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 2007(平成19)年7月10日