かがくのふしぎ
科学の不思議

冒頭文

訳者から ポオル叔父さんは、本当に驚く程物識りです。どんな不思議な事の説明でも、分りやすく面白くしてくれます。ポオル叔父さんの解いてくれる世の中の不思議な謎は、何と云ふ巧妙さで、そして無雑作に出来てゐるのでせう。どんな事だつて、どんなつまらない事だつて、よく調べ、よく考へて見ると、驚く程意味を持つて生きて来ます。 ポオル叔父さんの姪や甥達は、アムブロアジヌお婆(ば)あさんのお伽

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳
  • 學藝書林
  • 2000(平成12)年12月15日