たぬきもんどう
狸問答

冒頭文

私は、よく怪物に勝つことがあるよ、しかし或(あるい)は負けていたのかもしれないがね—— 数年前(すねんぜん)、さる家を訪ねて、昼飯(ちゅうはん)の馳走に与(あずか)って、やがてその家を辞して、ぶらぶら向島(むこうじま)の寺島村(てらじまむら)の堤(つつみ)にかかったのが、四時頃のことだ、秋の頃で戸外(おもて)は未(ま)だ中々(なかなか)明(あか)るい、私が昼の膳に出してくれた、塩鰹(しお

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 2007(平成19)年7月10日