しょきしへん
初期詩篇

冒頭文

天外脱走 日輪は遠く逃げゆく 有明けの天上ふかく 日輪は遠ざかりゆく 仰ぎ見よ暁闇の空 罪びとの涙もしるく 薄冥の雲間に凍り 日輪は遠く消えゆく 一九四三・十二・三十一 海に眠る日    海に溶け込む太陽だ   ランボオ かれは真昼の海に眠る。 茫洋たる音楽のみどりに触れあう はるかな 蜃気楼の奥深くかれは眠る あふれる香髪(においがみ)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 二十歳のエチュード
  • 角川文庫、角川書店
  • 1952(昭和27)年6月30日