あるくにのこよみ
或る国のこよみ

冒頭文

はじめに生れたのは歓びの霊である、この新しい年をよろこべ! 一月  霊はまだ目がさめぬ 二月  虹を織る 三月  雨のなかに微笑する 四月  白と緑の衣を着る 五月  世界の青春 六月  壮厳 七月  二つの世界にゐる 八月  色彩 九月  美を夢みる 十月  溜息する 十一月 おとろへる 十二月 眠る ケルトの古い言ひつたへかもしれない、或るふるぼけた本

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 燈火節
  • 月曜社
  • 2004(平成16)年11月30日